バイクの処分方法

保険解約と税金

バイクの廃車手続きをしたら保険の解約も忘れないように。

バイクや自動車の保険には任意保険と自賠責保険がありますが、廃車してしまう場合には どちらも途中で解約できます。 受付は各保険会社が窓口になっていますので、廃車と同時に解約してしまいましょう。 保険証券に会社名が記載されていますので、近くの窓口を問い合わせてみて下さい。 廃車証や印鑑などが必要になりますので、事前に用意する物を保険会社の窓口で確認してから 行くとよいでしょう。

保険だけでなく、所有しているバイクやオートバイを毎年維持していこうとすると税金がかかります。 この軽自動車税は毎年4月1日に書類上の所有者に対してかけられ、春にその年度分を一括して先払いします。 バイクの廃車を決めたら3月31日までにナンバープレートの返納届けをしないと、4月以降に一年分の請求がきてしまいます。

税金の額は原付第一種の50cc未満で年間1,000円、原付第二種の51cc~91ccが 1,200円、91cc~125ccで1,600円になります。 それ以上の排気量は軽二輪の126cc~250ccで2,400円、小型二輪の251cc ~は4,000円となります。